違法な闇金による押し貸しの手口と対策について

闇金は、法定金利の上限や金融業者としての免許を持っていないなど悪質な貸付を行う業者ですが、それら業者の貸付の手口として押し貸しがあります。

押し貸しとは、利用者がお金の借り入れを申し込んだりしていないのにも関わらず、勝手に銀行口座にお金を振り込むという手口のことです。

お金を振り込んでおき、お金を借りているため、利息を付けて返済しろといった強引な取り立てを行ってきます。

その際の、利息は法定金利を遙かに上回る金利になっている場合が多くなっています。

強引な取り立てが行われるため、利息を付けて返済してしまう人も多くなっていますが、それを行うとまた同じ手口で押し貸しを行われる可能性が高まってしまいます。

これらの手口で被害に遭う場合は、以前に闇金からお金を借りていたという場合が多くなっています。

以前振り込みに使用していた口座を、悪用し貸付を行うケースが多くなっています。

また、闇金同士で情報を共有している場合もあり、以前借りていた闇金業者とは別の業者から押し貸しされるというケースもあります。

そのため、もし以前闇金を利用してしまっており、その際の銀行口座を使い続けている場合には、すぐに口座の解約を行うことが被害に遭わないための防衛策となります。

また、お金を振り込んだとの連絡があった時点では、まだ実際には振り込まれておらず、相手の反応を見て振り込んでくるケースが多くなっています。

そのため、身に覚えのない振り込みの連絡があったら、毅然とした態度で振り込んでも返済しないなどの態度を取ることも、被害防止には重要です。PRサイト:闇金キャンセル料で困ったら見るサイト!